走行距離から選ぶトラックドライバーの仕事と、普通自動車免許について

走行距離から選んでみよう!

トラックドライバーの仕事は、大きく分けて短距離輸送と、長距離輸送があります。短距離輸送の場合の多くは、市内近郊の集荷や配達をメインとします。短距離輸送のメリットとしては、普段走り慣れた道が配送ルートとなることが多いので、道を覚えやすいということが挙げられます。デメリットとしては、長距離輸送に比べて給料が低い傾向がある、という面があります。

一方、長距離輸送は主に地方への配達をメインとします。場合によってはフェリーを利用することもあります。長距離輸送のメリットは、一般的に給料が高めに設定してあることです。また、普段自家用車では行くことがないような遠い地方へ行くことができるので、飽きずに運転することができるということもあります。デメリットとしては、勤務体系によっては数日間家に帰ることができない場合があります。そのため、車中泊が苦手な方にはおすすめできません。

トラックに乗る前には免許証を必ず確認しよう!

トラックには様々な種類があり、車両の大きさによって必要な免許が変わってきます。ここで注意したいのは、免許の取得時期によって、同じ普通自動車免許であっても、運転できる大きさが変わるということです。

平成19年6月1日までに普通自動車免許を取得している場合は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車両を運転することができますが、平成19年6月2日~平成29年3月11日までに取得した場合は車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満の車両しか運転することができません。そのため、トラックに乗車する前には自動車検査証を確認し、自分が乗る事のできる大きさであるかどうかを必ず確認しましょう。

様々な仕事が世の中にはありますが、トラックドライバーの求人を探そうと思ったら、インターネットを使って求人情報を見つけるのが理想的です。