運転手にも色々な種類がある!専属運転手や役員運転手になる方法

専属運転手と役員運転手について

一般的に専属運転手と役員運転手は同じようなものだと考えられていて、ひとくくりにお抱え運転手と呼ばれることもあります。ただ厳密に言えば専属運転手は特定の人や車両専属であるのに対して、役員運転手は担当する特定の企業に専属で務める運転手のことを指しています。このため役員運転手の方が幅広い人を乗せることが多く、担当企業の社長や役員などが主な顧客となるのです。どちらの場合でも言葉遣いや接遇の面で高いクオリティーが求められており、契約した相手によっては秘書のような役割を担うこともあるとされています。

役員運転手になる方法とは

役員運転手になる方法は3つあり、求人や募集案件を利用する方法と知人の紹介を受ける方法、そして務めている企業内での異動が挙げられています。求人や募集案件では役員運転手を募集しているケースがいくつかあり、中には役員運転手をまとめている企業から募集がかかっていることもあります。一般的にはこちらの方法が利用されることが多く、運転免許所を取得しているのはもちろん、運転歴の長さや年齢の高さを条件としているところが多いです。特に年齢の高さは役員運転手を利用する人たちのリクエストが多いためであり、重要視される項目の一つだと言われています。

また知人の紹介を受けるケースでは紹介してもらったらそのまま採用されるのではなく、何らかの試験を受けて合格することが条件です。これは紹介される側だけではなく紹介する側にもある程度の実績や経験が求められるため、利用されるケースは少ないと言われています。

運転手の派遣は需要に応じて職場が異なり、利用者や会社から信用されるように仕事に取り組むことが大事です。