外資系企業で働いたことがない人が外資系企業へ転職する場合の注意点とは?

企業の特徴を知ることが大切

外資系企業と言っても企業ごとに特徴が異なるので、転職先の企業の特徴をよく把握しておくことが大切です。企業の特徴を確認する時にチェックしておきたいことは、資本比率や設立場所などです。資本比率が外国資本100%の企業だと海外で働いているのと同じ感覚で働かなければなりませんが、外国資本より日本企業の資本比率が高い企業は比較的日本企業の特徴がある職場が多いからです。まずは自分がどのような外資系企業で働きたいかを明確にして、その自分が求めている企業の特徴と合っているところを探すようにしましょう。また自分の希望だけでなく、自分が持っている能力も考慮して探すことが大切です。例えば上司が外国人の職場ではビジネスレベルの英語力が必要なので、その能力が自分にあるか見極める必要もあります。

結果が出ないと評価が下がる

外資系企業は結果を出さないとすぐに評価が下がってしまうという特徴があることを知っておくことも大切です。日本企業は組織で動くことが多いので、自分が仕事で失敗したとしても周りの人がフォローしてくれることが多いですが、外資系企業は個々で動くことが多いので、仕事で失敗しも上司が助けてくれることはありません。自分の仕事は自分で責任を持って対処しなければならないのです。したがって結果が出ないと評価が下がり、最悪リストラされてしまう場合もあります。外資系企業は実力があればそれに見合ったポジションを与えてくれますが、結果が出ないとすぐにクビにされてしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

外資 IT企業は、検索エンジンやサイトを運営するサービスや、海外で開発された商品を販売するメーカー、自社商品を国内用にカスタマイズするベンダー系、企業の経営戦略を支援するコンサルティングファーム系がある。