自社サイトの充実が急務!ゆとり世代の新卒採用のポイント

様変わりしてきた新卒の企業選び

「就職氷河期」といわれた時代から20年近くが過ぎ、当時とは打って変わり各企業にとって人材確保が大きな経営課題となっています。中でも新卒採用は従業員の年齢バランスを整える上では大切な要素のひとつで、少し無理をしてでも新卒を採用していかないと将来にわたり年齢構成に歪みが生じてしまう恐れがあります。現在の新卒者は「ゆとり世代」に属しており、就職氷河期のころの世代とは価値観が大きく異なります。新卒の人材確保にあたっては、彼らの価値観に合わせた戦略を取ることが大きなポイントです。

ゆとり世代の企業選びとは

ゆとり世代である現在の大学生が企業に求めるものは働き甲斐や企業の成長性よりも安定した収入や福利厚生、ワークライフバランスを重視する傾向が強いです。仕事を通じて得られる自己実現や出世にはあまり興味を示さず、職場の人間関係や転勤が少ないなど安定を好むようです。就職活動では各企業のサイトを必ずチェックし、サイトを通じて給与や福利厚生、就業内容を把握し、働きやすい企業かどうかといった会社の雰囲気もつかみとろうとしています。

自社サイトの充実が成否の鍵に

各企業はまず、サイトの重要性を認識し、現代の若者のニーズに合った、魅力のあるものにしていかなければなりません。たとえば職場の雰囲気が分かるように画像を多用したり、動画を見られるようにするのも有力な方法のひとつです。また、情報量が少ないと不信感を持たれる恐れもありますので、可能な限りの情報公開を心がけましょう。なるべく更新頻度を高め、新鮮な情報提供をすることも大切です。

新卒採用コンサルティングは、採用活動の悩みを抱えている企業を強力にサポートしてくれるサービスです。採用担当者の業務負担が軽くなる、優秀な人材を効率良く確保することが出来るなどのメリットがあります。