秘書の派遣はどのような人に向いているのか?

子育て中の人も好きな時間に経験を活かして働ける

派遣の秘書は勤め先によりますが、基本的に残業や夕方以降の時間の勤務がないことから、子育て中の人も無理なく働くことが可能です。特に、大手企業の中には、キャリアが豊富な派遣の秘書を対象に基本給や手当をアップしているところが多くあり、必ずしも正社員でなくても高収入を稼ぐこともできます。最近では、子育て中の秘書の希望に合わせて、勤務の時間帯や曜日を自由に選べるシステムを導入している企業も増えており、仕事と家庭生活を両立しやすい環境となっています。なお、派遣の秘書として少しでも良い条件で働きたい人は、派遣会社の担当者とこまめに相談をするのはもちろん、派遣先に自分の過去の経歴を上手くアピールすることも有効です。

紹介予定派遣は将来的に正社員を目指す人におすすめ

紹介予定派遣の秘書の仕事に就く場合には、勤務態度や成績によって数年後に正社員を目指せるというメリットがあります。経営状態が良い企業の中には、秘書の経験が少ない人を紹介予定派遣として採用しているところも多くあるため、将来的に正社員になりたい人は、積極的に求人探しをするのがおすすめです。また、正社員になるための条件は、派遣先の方針や業務内容、スタッフの配置状況などに影響されます。そこで、分からないことがあれば求人先に質問をしたり、派遣会社の担当者にアドバイスをもらったりすることが大事です。その他、紹介予定派遣として働き始めてから秘書業務に関する検定を取得することで、有利な条件で正社員になれるケースもあります。

秘書の派遣業の求人は、未経験者でも応募可能な案件があります。アシスタント経験や英語力のある人は、優遇されることがあります。